garageMM > ブログ > 日常メンテ > エンジンオイル漏れからの

ガレージMMのイタリア車と付き合うガレージ日記

2019/02/16 21:10

エンジンオイル漏れからの

エンジンオイル漏れで積載車で運ばれてきました~~

オイルフィルター辺りから盛大に漏れてました。
フィルターの取り付け部のOリングがはみ出てフィルター本体も一緒にはみ出してました。
残っていたエンジンオイルは残り僅か、走行中だったらエンジン壊れてましたね~~
車庫で暖気中でのトラブルは不幸中の幸いでしょうか?
冬の間はオイルが固いので油圧の上がりすぎに注意でしょうか(通常はリリーフバルブで逃げますが)
原因はねじ山が足りなかったようでOリングの締め付けが足りなかったようです。


漏れはガソリンも、、キャブの燃料ホースから漏れてました。
このホースは外皮のメッシュの陰でホースのコンディションがわからずよく漏れを起こしています。
以前見た目のカッコよさでしばらく使いましたが意外と早く漏れ出し、トラブルが多かった事を思い出します。
それと、、心配なのは、、、
キャブレターに入るところにシリコンガスケットが塗ってありました、、、ここからも漏れてます。
これが、、
パンドラのなんちゃらか<<
完全に舐めちゃってます。ねじ山がなくなってしまってます。持ち合わせのパーツは無いので
スリーブを作って入れなおし、ねじを切り直す修理が必要です。

今回は何とかヘリサート加工でねじ山を修正しました。漏れが止まっている間にパーツを探しておきましょう。
取りつけたホースはおなじみの黄色のホース、やっぱりこれでしょう。
オイル漏れとガソリン漏れの修理完了で今日は終わりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です