garageMM > ブログ > 日常メンテ > お騒がせのようでした。

ガレージMMのイタリア車と付き合うガレージ日記

2021/03/13 13:20

お騒がせのようでした。

並行車の新規登録、ひとまず大丈夫そうですが、年々検査が難しくなってきているのはまちがいないです。そろそろちゃんと日本もクラシックカーの登録機関を作ってもらいたいと思います。
この騒ぎが一つのきっかけになって日本のヒストリックカー(クラッシクカー)文化の発展を望みます。
PS 最近、とても新規登録や継続車検がやりにくくなってきています。今まではスルーしていた部分で落とされています。それは本当に普通では車検が難しい状態です。まあ、それなりに費用をかけて基準に適合する部品を用意すればよいのですが、具体的には言いませんがそんなことが続いていたので今回の件に過敏になったと思います。

以下

https://www.naltec.go.jp/publication/public-comment/public-article/018.html

審査事務規程の一部改正に係るパブリックコメントの募集について -並行輸入自動車の事前審査書面等の明確化等について-

 独立行政法人自動車技術総合機構は、安全・安心な車社会の実現に向けて、自動車
の安全性の確保及び公害防止のために、国の依頼に基づき自動車の審査を行っていま
す。
並行輸入自動車の審査につきましては、審査事務規程別添3「並行輸入自動車審査
要領」に基づき、的確で厳正かつ公正な審査業務に努めてきたところですが、今般、
並行輸入自動車の事前書面審査で提示される「技術基準等の適合性を証する書面」が
偽造されていた事案が発覚したこと、加えて、当局からも同種事案の再発防止が要請
されていることから、審査事務規程の一部を改正し、並行輸入自動車の事前審査書面
等を明確にすることなどで、より一層的確で厳正かつ公正な審査業務の実施を図るこ
ととします。
つきましては、広く皆様から本改正に対するご意見を募集いたします。
なお、電話によるご意見への対応及びご意見に対する個別の回答はいたしかねます
ので、あらかじめご了承願います。

<改正のポイント>
 技術基準等の適合性を証する書面等の取扱いの明確化等
・技術基準等宣言書による適合性証明範囲の明確化
・WVTAラベル等の審査の厳格化
・技術基準等の適合性を証する書面の統一化
 その他資料の明確化

意見募集要領

1.意見募集対象

並行輸入自動車の事前審査書面等の明確化等について【別紙 (84.37 KB)

2.意見送付要領

住所、氏名、職業(会社名又は所属団体名)、電話番号を明記の上、次のいずれか
の方法で送付してください。
(1)ファクシミリの場合
ファクシミリ番号:03-5363-3347
独立行政法人自動車技術総合機構検査部検査課 あて
ファクシミリでのご意見の送付の場合は、別添 (77.87 KB)をご参照ください。

(2)郵送の場合
〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町4-41 住友生命四谷ビル4F
独立行政法人自動車技術総合機構検査部検査課 あて
郵送でのご意見の送付の場合は、別添 (77.87 KB)をご参照ください。

(3)電子メールの場合
電子メールアドレス:honbu-kensa@naltec.go.jp独立行政法人自動車技術総合機構検査部検査課 あて
電子メールでのご意見の送付の場合は、テキスト形式としてください。
また、件名欄には「並行輸入自動車の事前審査書面等の明確化等について」と明記してください。

   電話によるご意見は受け付けかねますのでご了承願います。

3.意見募集期限

 令和3年3月9日(火)から令和3年3月21日(日)まで(※必着)

4.注意事項

・頂いたご意見の内容については、住所、電話番号及び電子メールアドレスを除き
公開される可能性があることをご承知おきください。(匿名を希望する場合は、
意見提出時にその旨お書き添え願います。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です